FC2ブログ
 

生きるということ 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復職準備

大変間が空いてしまいました。
実は復職が決まり、その準備で右往左往していました。

まずは、復職できることに感謝です。
昨年はどうなることかと思いましたが、なんとかここまで回復ができました。
この先、うまく社会復帰ができ、病気とうまく付き合いながら生きていけたら、、、
と思っています。

復職手続きはとても大変でした。
昨年からずっと連絡をとってやってきましたが、
「戻ります」「はいどうぞ」とはいかないのですよね。

会社によってもいろいろ違うと思いますが、人の考え方もさまざま、、
ましてやっぱり所詮は人事、、、心無いことを言う人も多いです。
長期間休んで、会社の福利厚生を利用することをよくなく思う人もいます。
何度ともなく「いくらでも代わってあげるのに、、、」と思いました。
少しでも有利になる方法を探すことに対して、極端に拒否反応を示す人もいます。
病気をしたら、そんな望みももってはいけないのでしょうか?
仕事に対して、自分なりに「やりたいこと」を考えることはいけないことなのでしょうか?

そういう風にどうして思うのか??健康な時から私には理解できない部分だったけど
私の周りにはそういう人物が多かった気がします。
病気になったからといって、手を抜いてくれないようです(笑)
隣の芝生は青く見えるというけど、2年近く会社を休まざるを得ない状況を
うらやむ気持ちがわからない、、、、、(病名を知らない人もいますが、
ただ事じゃないのはわかるでしょうに、、)

しかし、2年近く休んでいたこと、しかも急に仕事を休んだのは事実で、
今はこうして何もなかったかのように元気だけど、私たち血液疾患患者が
どんなにつらい治療をたえてきて、それでもなお身体の中にいつでも爆弾を抱えている
事実は、わかってもらえないのですよね、、、、

社会は常に変化していて、一度はじき出されるとなかなか戻れない、、、
私もこの2年、、、自分のことが中心で、社会の歯車に乗っていなかった、、、
そういう意味では、新人より扱いにくいのかもしれません。

復職がきまってうれしさ半分、怖さ半分です。
でも「治療法がありません」と言われたときに比べれば、、、「軽い、軽い!」
生存率10%~30%でしたしね。




スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。