FC2ブログ
 

生きるということ 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入院まで(過去をふりかえって2)

冷静ではいたものの、、、まず困ったのが、私は関東に一人暮らし、
そばに相談する人(家族)はいなかったこと、、、

めったにかけない電話を九州の実家にかけた。。。
土曜日の昼間にかかってきた電話に母親は
「事故でも起こしたか?」と思ったそう。

まあ、他人を巻き込んだことでなかったのは不幸中の幸い、、、
驚きはしていたものの、母親も冷静。
病院などはわからないから、自分できめてよいとのこと。
診察室にとって帰り、ドクターに「血液内科あて」の紹介書(病院名なし)を書いてもらった。
病院は今から自分で探します。と伝えて。
年配の看護師さんは「がんばってくださいね」と励ましてくれた。

心配していた、友人と先輩に電話。
皆、絶句......

家に帰った後は、先輩や医者の友達に電話をかけ、病院情報を集める。
頭の中には三つの選択肢
1.実家のある九州の病院
2.東京の病院
3.今いる県の病院

いろいろな情報が集まり、決められない、、、、、
「家族がそばにいた方がよい」「いや、中央(都内)の方が、最先端の治療がうけられる」
「今はどこでもかわらない」などなど、、、、
最終的には月曜日、先輩のつてで、都内の病院を受診し、相談することに。
日曜日、母が来てくれ簡単に部屋の片づけをする。
もしかしたら二度とここへはもどってこれないのかもしれない、、
ほんの少し不安がよぎった。
そして月曜、そのまま都内に入院になるのか?はたまた実家に帰ることになるのか?
着替えなどを詰めたバックをもって、病院へ。

病名は間違いなく急性白血病。おそらく骨髄性。(断定はこの時点ではできなかった)
治療は長くかかるので、家族のそばがよい。
今ならまだ飛行機などにも乗れる。
実家近くの病院に聞いたところ、受け入れ可能。

これも運命かもしれない、、、、、
その足で飛行機に飛び乗り、帰郷。

翌日の朝10:00 このあと長くお世話になる大学病院に入院したのでした。
悪夢の健康診断からちょうど1週間目のことでした。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。