FC2ブログ
 

生きるということ 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひと

社会に出ると色々な人がいて、色々な考えがある。
それは頭ではわかっているけど、ひさしぶりに肌で感じるときついですね。
長い入院生活で弱っているのか、、、
休んだ後ろめたさから、弱気になっているのか、、、、

それでも自分の中に「正論」があって、どーしても理解できない部分が残ったりします。

たとえば「病気」に対して、同情的であったり、興味本位であったり、、そういうことは理解できます。
きっと私が健康な時でも他の人が長期休むと気になったりするでしょう。
だけど、攻撃的になるひとの気持ちだけはわからない。
私が言うと自分が病気なだけに、ちょっとおこがましいけど。

なぜ?なぜそんな考え方になるの?

他の人が幸せになることを好ましく思わない人って確かに存在するのです。
信じたくないけど、、、

でも私たち休職者は、そんな疑問ももってはいけないのかな?
こうありたいとのぞむこともいけないのかな?あつかましいのかな?
じゃあ私たちはただ漠然と生きているだけが望まれているのかな?

ひとって助け合えるものと思っていた。わかりあえるとおもっていた。
でもそうできない人もいるってこと、、、悲しい現実。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんにちは。
なにか攻撃を受けられたのでしょうか。。。
社会に出たときの厳しさを思うとわたしも足がすくみます。
けどそろそろ目処をたてないと。と思います。
復職、おめでとうございますね!

いなここ | URL | 2008年02月19日(Tue)16:13 [EDIT]


いなここさん

ありがとうございます。

攻撃と言う攻撃ではないです。
ただ、なんというか、そこにいるだけでありがたく思いなさい!
っていう無言のプレッシャーを受けるのです。
健康な方から、、、、
(影でそういわれているのを聞いてはいたのですけどね)
やはり、その立場に立ってみないとわからないのでしょうね。

私たちは罪人のようにそれを甘んじて受けなければいけないのかな?
って悲しくなってしまったのです。

仕事も変わり、すべてが変わってしまいますが、
世の中の変化についていけない自分がいます。

でも、こんなことも「生きてる」ってことなんですね。きっと。

いなここさんも無事復職できるよう応援しています。

haru | URL | 2008年02月19日(Tue)18:59 [EDIT]


haruさん、こんばんは。
僕らは、罪人ではないです。
だけど、社会に対して肩身の狭い思いするんですよね。
不条理を感じます。
僕も、復帰しただけで満足しないとな、って思うことはよくあります。
実際、復帰しただけでも、すごいことなんですし。
でも、なかなかすっきりしませんけどね(笑)
ブログで愚痴っちゃってください。
心無い人は、心の狭い人だって決め付けてしまいましょう。

west | URL | 2008年02月19日(Tue)22:55 [EDIT]


haruさん、こんばんわ。
westさんがおっしゃるように、試練を乗り越えて復職できた事って、すばらしい事だと思います。
心の狭い人、人の痛みが分からない人は、放っておいて、今の環境を楽しんでください!
でもいつでもグチれるように、ブログの事は職場では秘密ですね。(^^)

じおんの妻 | URL | 2008年02月20日(Wed)01:10 [EDIT]


westさん

そういう人とはかかわらずにいけばいいだけなのだけど、
人の痛みをわかろうともしない人がいるという現実が悲しいです。

でも、負けない。せっかく復帰したんですものね。


じおんの妻さん

そう、予想はしていたので(愚痴るだろうなーと)
プログのことは誰にも言っていません(笑)
友達にもやっぱりわかってはもらえない部分はあるから。
この病気のこういった怖さは、体験した本人と家族にしかきっとわからないと思ったから。

こうやって訪れてくれる方にコメントもらって、力にしてまたがんばります!

haru | URL | 2008年02月21日(Thu)00:55 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。