生きるということ 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うーん

今日、献血車が来ました。

年に2,3回ほど会社にやってきます。
田舎の会社なので、、、

私もこんな病気になる前は、それ以外にも街頭でも献血してました。
年間できる量は限られているけど。
でもあんまり重く考えてはいなくて、まあ元気だし、だれかの役に立てばいいし、
自分も事故にあったり輸血が必要な時もあるだろうしってほんとにかるーい気持ちでした。

今ではもうできなくなってしまったけど、、、

献血に行ってくれた職場の人たちがに「ありがとうございます」
といったらとても不思議な顔をされて、「骨髄じゃないよ」と、、、、
私の病気をご存知の方ですが、治療に輸血が必要なんて思わなかったそうです。

まわりも「えー輸血もしたの?」って、、、、
「するなら自己血輸血したいよね」
って、、、(それができれば苦労しない、、、、、)
まあ世間一般の白血病に対する認識なんて、その程度なんですよね。

わかってはいるけど、なんかやるせない、、、
つらく苦しい毎日があって、今があるんだということをだーれもわかってはくれない、、、

スポンサーサイト

近況(健康診断結果)

過去の記事が少しづつ書いていましたが、今日は近況を。

”いまさら”の健康診断の結果が返ってきました。

「血小板が基準値より低いです。専門機関に、、、」
はいはい。わかっておりますよ。

「心肥大」  えっ?しんひだい?胸部X線の結果です。
抗がん剤投与中、移植時 たびたび心臓肥大はありました。
薬の副作用、いたしかたない、、と言う感じで、ドクター方はさほど気にしていなかった。
でも不整脈がでたりしたときは、さすがに気にしてはいたけど。
退院後はそんな話は一度もでなかったのですが、もしかしてずっとあったのかも?
あんだけの治療をうけてきたのですから体のどこに何がでても不思議じゃないけど。

そして注目の骨密度。
94%
同年代の人と比べて、低下している、、、、という結果がでました。
いますぐどうこうはないけど、気をつけて、、、って感じ。

ステロイドばしばし使っていたし、卵巣機能もとまってホルモンも足りないし、、、
予想していたけど、やっぱりなあ、、、、、と言う感じ。

免疫抑制剤がきれたらホルモン治療うけたほうがいいかもとは言われている。
でもその免疫抑制剤がなかなかきれない。
しばらくは、カルシウムいっぱいとってしのぐしかないかあ。

そしてついでに最新の外来結果
血小板が9万7千、、、また10万を切る。
何が原因なのかなかなか10万以上の維持ができない。
普通に生きていくのに十分な量なんだけどやっぱりもう少しあがってほしい。

肝機能はあいかわらず高め、、、
よって免疫抑制剤はそのまま。抗真菌薬などもそのまま。

肺機能検査の結果も出た。
若干末梢の機能が弱いと言う結果だったものの概ね普通の肺機能。
でも肺だけは、何年たっても慢性GVHDが出てくることがある、、、とのことで
半年に一度は定期検査をすることになっています。
レントゲンやCTではわかりにくいこともあり、肺機能検査が一番とのこと。
前の病院でも言われたけど、「何年たっても、、、」ってとこがやっぱ一生安心ってできない
病気なんだと実感させられる。

しかし、肺機能が正常ということは昨年の「もうだめかも?」という肺炎からは奇跡的な
回復をしたということだ。
退院後、主治医たちに「しかし、よく助かったよね」といわれた私。
先生方や、応援してくれた皆のおかげでなんとか乗り越えられた。
あのきびしい肺炎発症から約1年、、、この季節は気をつけなくちゃ、、、。

それと眼科も行ってきた。
急性GVHDが眼にでたし、化学療法中にも白血病性の眼底出血。
ステロイド使っているので白内障も心配。
診察結果は眼底はすっかりきれいになり、白内障もいまのとこなし。
やはり半年に一度は見ておいたほうがよいとのこと。

次の検査月間は12月
(きっとマルクもあるんだろうなあ、、、、、)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。