生きるということ 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々の更新

また久々に更新です。

ほんとサボり癖がついてしまいました。
ご心配頂いていた方すみません、、、

この間色々ありましたけど、基本的には元気にしています。
このことは本当にありがたいと思います。
そしていつまでもこのよい状態が続くことを願ってやみません。

発病から3年以上がたちました。
一般的にガンは5年、、、というけれど、血液疾患は何年たっても安心できる時は来ません。
でも月日が立つと、忘れていられる時も多くなってきます。
あのつらい2年あまりは夢だったんじゃないか?と、、、、

人間って強いとあらためて思います。
でももう一度あの治療を受けられるか?と考えると、、、はっきりいって自信ありません。
もう二度とあんな思いしたくない、、そしてあんな思いをしてほしくない、、、
年月がたつと違った恐怖がでてきますね。
本当にやな病気です。

でも、世間は「甘えるな」という、、、
「感謝しろ」という、、、、

社会復帰できるだけでよしとしろ、、
旅行なんてぜいたくだ、、、

私たちがん患者は、普通に生きてはいけないの?
不満をもってはいけないの?

私がうらやましいという気持ちがわからない。

世の中、他人の身になって考えられる人のなんと少ないことか、、、、
そんな人にはなりたくないと思う今日この頃です。


スポンサーサイト

都合のいい理由

ひさしぶりの更新です。

身体的には元気です。
ちょこちょこ不具合はでますが、普通に生活できてます。

ちと困っているのが、毎日のようにつりまくる足、、むくむ足、、、
特に右足、、、しゃがむと「いたたたた....」
なんなんでしょうこれ、、、、

復帰後1年と少し、がんばって定期通院以外は1日も休みをとらず、、、
4月からやっと有休がもらえます。長かったーーーー

がんばって仕事もしてきましたが、
どんなにがんばっても最終的には「1年以上休職してたんだから、、、」
「復帰してまだ1年だから、、、」と、こういうときだけ都合よく病気を
左遷の理由、昇給なしの理由にされてしまいます。
きっと来年も再来年も、、、まだ2年だから、、、まだ3年だからというに違いない。
休んだとというのは事実だけど、一度つけられた「落伍者」のレッテルははがせない、、、、。

普段、病気を理由にはだれもいたわってはくれない。
見た目普通だから、、、
でも何かあると(ちょこっと鼻声になったりすると)「それみたことか!無理するから!」
と鬼の首を取ったようにたたみかけてくる。

「飴とムチ」ならまだわかるんだけど、飴はくれないのよね、、、、

少しのハンデもくれずに、同じスタートライン。いやスタートライン10歩手前か?
望む所なんだけど、たとえトップでゴールテープを切っても
「特別参加枠の順位外」はたまた「参考記録」
参加することに意義があるオリンピック選手かい?私は?

誰かに勝ちたいわけではないけど、誤解と偏見に負けたくはない。

負けるもんか!がんばるぞ!と思いつつ、、、時折襲いくる恐怖。
いつまでたっても「白い闇」の恐怖は消えない、、、
「がんばって仕事していても、来年どうなっているかわからない、、、ならば今をもっと楽しんだ方がいいのでは???」....
どうしても切迫感が消えない、、、

ぜいたくな悩みをいってごめんなさい。
明日からまた1日1日大切に行きていこうと思います。

ちょっとだけ。。。。

もんもんとしております。
病気にはストレスが悪いとわかっちゃいますが、、、、
こんなことは他愛もないことで、気にするなんてばからしいし、
貴重な時間を費やすなんてもったいないってよくわかっているんですが、、、

すこしだけ愚痴らせてください!

「なんでもかんでも自分が一番正しいって思うな!」....です。

少しは人の気持ちを考えて、、汲み取ろうと努力しようよ、、、、
自分が絶対正しいなんて思わないけど、
人を陥れようとするのはやめようよ、、、

会社ってほんと、化け物がいっぱい。
いたわりとかない。

「いやなら辞めれば?」
おおっぴらに言葉にはしないけど、(したら大問題)言葉の裏に見え隠れ、、
じゃあそういうあなたはそういわれたら辞めるの?
自分だったらって考えないの?

くそー絶対あんたより長生きしてやる!

ご無沙汰しています

プログずいぶんさぼっちゃいました。心配されている方がいらっしゃったらすみません。

ちょっと怖くなったのも一つですが、いろいろ忙しかったせいもあります。
なるたけ不平不満をかかないようにーーーと思ったら、日々不平不満があって(笑)
かけなかった、、というのもあります。
でもそろそろ溜め込んでしまったので、吐き出したくなったりして、、、

なんか最近「ぐっと我慢の子」の時間が増えています。
理不尽なことを言われても、いいわけすることも許されなかったり、、、
向こうの勝手な勘違いで指示している部分も大きいのだけど、
「はい、あなたの言うとおりです」と間違っていると思うことでも合わさないと攻撃されてしまいます、、

「自分が一番正しい」んですよね。
それはだれでもそうなんだけど、、、、
でもね、、ちょっとまてよ?自分がちがってたかな?って不安に思うことありません?
私はわりとそう思うから、今一強気にでれないんだけど、
「何があっても自分が正しい!」って人っているモンなんですよね。
そういう人には結局何を言っても無駄なんですよね。
どうせ「はいはい」と聞いていても「あの人はなってない」と言う結論で終わってしまうのですよ。
結局悪いのはすべて私なのですよ...
そういうのが最近よくわかってきて、、、、
ある意味冷静なんだけど、でもやっぱり心穏やかでない自分もいたりして、、、

違う会社の友達も同じような思いをしていたりして「悪はやがて滅びる」と思ってるといいますが、
滅びる前に、こちらがほころびそう、、、

けっこう今まだ体的にも大変なんだけど、
でも病気をたてにはしたくない。
でもでももう少しいたわってほしいなという甘えもあったり、、、、、

社会復帰したその日から「病人」ではないのです。
「無理しないでね」「力になるからね」「なんでも言ってね」
というのは「言葉だけ」なのです。
その言葉に甘えることはたんなる「わがまま」なのです。

でもそれがまぎれも無い「社会」「世間」なのです。
つらいからといって、辞めることはできない。働かなくては生きていけないのです。
だから私は負けません。

くうううう

精神的にやられています。
望んで戻った会社ですが(部署はかえられちゃいましたが)
こんなにもつらいとは、、、、

高圧的ではないんだけど、いちいちいちいちいちいちいちいち。。。。。。
片身の狭い、反論できない人にむかって、ねちねちねちねちねちねちねちねち...

悪気はないのかもしれません。だけどね、幼稚園児じゃないんだからそれくらいはわかっているんだけど、、、、ということまで、いちいち正論の説明つきで諭されてしまいます。

黙ってはいはいきいているにも限度があって、
本当は「そんなこといわれんでもわかっている」といいたいとこだけど、
そんなことをいおうものなら「休んでいたくせに」と言われかねない。

ストレスたまりまくりです。
しかーし!私は負けない。
負けるもんか!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。